新型コロナウイルス対策について

教会閉鎖解除について

202064

品川バプテスト教会

202067日より、新型コロナウイルス感染予防対策を継続しながら、段階的に教会閉鎖を解除してまいります。教会においでになる方には、下記の注意事項の厳守とご理解をお願いいたします。

                                              

  教会来会当日朝の検温

  教会でのマスク着用

  教会来会時の手指消毒

  礼拝中は指定された席への着席(距離を置いての着席)

  教会内外での会話の自粛

  人との接近・接触の自粛

  礼拝中窓を開放し換気する(服装・熱中症対策など各自調整してください)

  会衆賛美は着席のまま

  礼拝後、すみやかに解散

 

当面、託児は行っておりませんが、お子様もどうぞ一緒に礼拝においでください。お子様は保護者の方と一緒にお座りいただくようにお願い申し上げます。お子様が複数名いらっしゃるなど対応が必要だと思われる場合は、事前に教会にご連絡いただけましたら感謝です。

東京都では新型コロナウイルス感染者が再び増加して、東京アラート(警報)が発令されています。公共交通機関を利用される方、持病をお持ちの方、風邪症状など体調がすぐれない方、ご高齢の方やその他不安がおありになる方は、ご家族ともよくご相談のうえ、今しばらく無理をなさらず、ご自宅で礼拝をなさることをお勧めいたします。礼拝の動画配信は継続します。

主日礼拝以外の集会や昼食の提供は当面休止を継続いたします。今後、ウイルスの状況に応じて、各種情報をもとに慎重に対策を検討しお知らせします。

引き続き、新型コロナウイルスの感染が一日も早く終息し、主から賜った命が守られますように、心を合わせ共にお祈りください。

 

「忍耐と慰めの源である神が、あなたがたに、キリスト・イエスに倣って互いに同じ思いを抱かせ、心を合わせ声をそろえて、わたしたちの主イエス・キリストの神であり、父である方をたたえさせてくださいますように」(ローマの信徒への手紙15:56

 

 

教会閉鎖延長について

202057日 

品川バプテスト教会 役員会

       牧師 山中臨在

 

56日までとしていた教会閉鎖期間を、当面の間延長します。閉鎖解除の時期については、各種情報に基づき、慎重に判断したうえで連絡いたします。

510日に予定していました定期総会は、決算総会と合わせて、書面により決議することといたします。決議の方法等については、教会から送付される書類をご覧ください。

「希望をもって喜び、苦難を耐え忍び、たゆまず祈りなさい」

 

(ローマの信徒への手紙12:12

新型コロナウイルス感染拡大に伴う対応について⑥

202048

品川バプテスト教会 役員会

 新型コロナウイルスの感染はいまだかつてないほどの勢いで拡大し、東京都を含め首都圏には緊急事態宣言が発令されました。これを受け、誠に残念ではありますが、品川バプテスト教会は、56日まで、主日礼拝を含むすべての集会を教会で行うことを休止いたします。主日礼拝は牧師家族のみが教会にてささげますが、礼拝の動画は今までのようにYouTubeにて配信いたします。あらかじめ配信します週報をご覧いただき、それぞれの場所で心を合わせて家庭礼拝をおささげください。

 また本日より、上記の期間中、インターネットによる祈祷会を行います。インターネット接続のできる方は、ぜひご参加ください。Eメールアドレスを牧師にいただいている方については、既に祈祷会への参加方法をお知らせしていますが、まだメールを受け取っていない方やその他の方でご参加希望の方は、牧師携帯電話やLINE、または教会の電話までご連絡ください。祈祷会は毎週水曜日午後8時から840分までです。ぜひとも皆様ご参加ください。インターネットの接続がない方も、どうぞ時を同じくしてご家庭でお祈りくださるように心からお願いいたします。

 419日に開催予定であった定期総会は、510日に延期します。総会に関する詳しい内容は、今週中に皆様のお手元に郵送される「品川バプテスト教会定期総会の開催日程について」をお読みください。

 上記期間中の献金については、これも郵送されます「献金の捧げ方についてのお願い」をお読みください。

 この期間中も、葬儀やご病気、相談などの緊急のご用件には対応しますので、牧師携帯電話もしくは教会電話までご連絡ください。

 ウイルスの感染が一日も早く収束し、皆様の健康と命が守られますようにお祈りいたします。

希望はわたしたちを欺くことがありません。わたしたちに与えられた聖霊によって、神の愛がわたしたちの心に注がれているからです。

(ローマの信徒への手紙5:5

 

(文責:牧師 山中臨在)

 

 

新型コロナウイルス感染拡大に伴う対応について

~その⑤

202043

品川バプテスト教会 牧師 山中臨在

 

 主のみ名を賛美いたします。

 新型コロナウイルスの感染拡大に関して、品川バプテスト教会として、以下のように対応いたします。

  

45日までとしていました、「日曜日は基本的に外出なさらずご自宅で礼拝をおささげいただく」という要請を4月いっぱいまで延長させていただくことといたします。週報はできる限り、メールやLINE、ファックス、郵送などを通して事前にお手元に届くようにいたします。

  

◆礼拝の様子はYouTubeにて動画配信します。どうぞ動画をご利用いただき、心を合わせて礼拝してください。

  

◆緊急時

 ウイルス感染防止対策期間中であっても、緊急なご用やご相談などありましたら、牧師の携帯電話まで遠慮なくご連絡ください。牧師の携帯電話番号は、週報1面をごらんください。

  

◆家庭礼拝のてびき

 礼拝は、神様の招きによって始められる、神様との出会いと対話の時です。「自分の体を神に喜ばれる聖なる生けるいけにえとして献げなさい。これこそ、あなたがたのなすべき礼拝です」(ローマ12:1)とありますから、ご家庭での礼拝も私たちの最善を主におささげしましょう。神様は時間と場所に限定される方ではありませんが、できる限り時間と場所を定めて、日常の営みを一旦止めて主に心を向け、礼拝なさることをお勧めします。

  教会が配信する礼拝動画を見ることができる場合は、この動画をご覧いただき共に礼拝をいたしましょう。動画を見ることができない場合は、あらかじめ週報と説教の要旨をお送りいたしますので、週報に記載されている礼拝式次第に沿って礼拝をなさってください。

新型コロナウイルスの感染拡大の一日も早い収束を共にお祈りいたしましょう。

 

 

 

 新型コロナウイルス感染拡大予防対策に関する連絡

2020327

品川バプテスト教会役員会

牧師 山中臨在

 新型コロナウイルス感染の加速度的な拡大状況に鑑み、また東京都及び近隣各県による週末の外出自粛要請を受け、品川バプテスト教会は次のように対応いたします。

 

329日と45日は、できる限り外出をお控えください。公共の交通機関を利用して教会に来ておられる方は礼拝出席をお控えくださるようにお願いします。またご高齢の方や持病をお持ちの方は、感染すると重症化する確率がきわめて高いことをふまえ、それに該当する方々は勿論そのほかの方々もできる限り外出なさらず、ご自宅で家庭礼拝をお守りくださるように強くお勧めします。ご自分が感染しないためだけでなく、他の人に感染させるリスクを減らすためでもあることをご理解くださるようにお願いいたします。

  

◆牧師家族は教会で礼拝をささげます。礼拝全体の様子をYouTubeにて動画配信します。インターネット環境にある方はこの動画を見て礼拝をおささげいただくようにお勧めします。インターネットの環境にない方で、ご家族やご友人にインターネットに詳しい方がおられる場合は、お手数ですがぜひご協力いただき、良い機会ですので、できましたらご協力くださった方とご一緒に動画にて礼拝をお守りくださるようにお勧めいたします。

  

◆緊急時

 教会員の危篤、ご逝去、葬儀などについては、通常通り対応いたしますので、牧師携帯電話までご連絡ください。その他のご相談等おありの場合もどうぞご遠慮なくご連絡ください。

  

◆ご不自由をおかけして大変申し訳ありませんが、主が皆様に与えて下さった命と健康が守られ、一日も早くこのウイルスの問題が終息するように共にお祈り下さい。この連絡に関するご質問がおありの場合は、ご遠慮なく牧師までご連絡ください。

  

「主は、決してあなたをいつまでも捨て置かれはしない」(哀歌3:31

 

 

 新型コロナウイルス感染拡大に伴う対応について

               ~その③

2020318

品川バプテスト教会 牧師 山中臨在

 主のみ名を賛美いたします。

 新型コロナウイルスに対する品川バプテスト教会の今日現在の対応をお知らせいたします。

◆主日礼拝

 クラスターと呼ばれる集団感染を防ぐための対策を講じるため、以下のことにご留意ください。

 ◎教会に入館の際には、手洗いまたは備え付けの消毒液にて手指消毒をお願いします。また、マスクの着用にご協力をお願いいたします。礼拝の最中、何度か窓を開けて換気をいたします。窓付近の方は冷気にご注意ください。ご不自由をおかけして申し訳ございません。

 ◎可能な限り、お隣の方と間隔をあけてお座りいただき、できるだけ会話をお控えください。また握手などの接触を伴う挨拶もお控えください。

 ◎上記の他、集会後にドアノブや手すり、椅子など礼拝堂の消毒をしています。しかしこれらの対応は、安全を完全に保証するものではありません。発熱、咳、倦怠感(だるさ)などの症状がある方、その他体調がすぐれない方、ご家族に風邪の症状がおありの方、ご高齢の方、持病のおありになる方、公共の交通機関を使って教会に来られる方、そのほか心配のおありになる方は、無理をなさらず礼拝出席をお控えいただき、各自健康管理に務めてくださるようにお願いいたします。また日頃から、手洗い、消毒、うがい、あるいはマスク着用など各自でできる予防や他者へのエチケットに心がけてください。

 ◎礼拝奉仕の当番であったとしても、ご自分の状況に応じて礼拝への出欠をご判断くださるようにお願いいたします。

◎礼拝へのご出席を自粛なさる場合に、教会からの連絡・案内等についてのご希望がおありの方は、遠慮なく牧師までお知らせください(例:週報の郵送、礼拝の録音CDの送付、電話連絡、訪問・・・等)。連絡は牧師の携帯電話(週報1面に掲載しています)にお願いいたします。ご相談のうえ、対応させていただきたいと思います。

◎礼拝説教をYouTube 配信しています。ご家庭で礼拝をなさる方は、どうぞご利用ください。

 

◆主日礼拝以外の集会、聖歌隊練習(3月28日の月例練習も中止します)、食事を当面、休止します。再開の時期が決定しましたらお知らせします。

 

◆定期総会

 3月29日に予定されていた教会総会は4月19日に延期いたします。

 

◆緊急時

 教会員の危篤、ご逝去、葬儀などについては、通常通り対応いたしますので、牧師携帯電話までご連絡ください。その他のご相談等おありの場合もどうぞご連絡ください。

 

 

◇祈りましょう◇

 先日、礼拝をお休みされているある教会員の方と電話でお話ししました。その方は「このウイルス騒動のおかげで外出もしないからたっぷり時間があります。だから、たっぷりお祈りできました」とおっしゃいました。私たちはなんと忙しい生活をしていたことでしょう。忙しいことが美徳とさえされている現代かもしれません。「忙」という字は「心を亡くす」と書きます。現代の忙しさの中で、私たちが主に心を向けることをなくしてしまうことを主は望まれません。今こそ、静まって心を主に向け、祈りましょう。一人一人が祈る大切さを実感できる機会を今主が与えてくださっているのではないでしょうか。「だから、あなたがたが祈るときは、奥まった自分の部屋に入って戸を閉め、隠れたところにおられるあなたの父に祈りなさい」(マタイ6:6)とイエス様はおっしゃっています。新型コロナウイルスの感染拡大が一日も早く収束するように、ウイルスに感染し治療中の方々のいやしのために、ウイルス感染を防ぐために医療に携っておられるすべての方々のために、そして多くの方々が主に出会い主に信頼し歩むことができるように、それぞれの場所で祈りましょう。